乳首の黒ずみ除去関連情報

黒乳首をピンクにするレーザー治療!|失敗しない選び方と注意点

投稿日:

乳首の黒ずみに悩んでいるあなたへ!

こちらのページでは、乳首の黒ずみをピンクにするレーザー治療について詳しく説明していきます。
レーザーの種類から特徴を注意点と共に紹介していきます。また、レーザー治療が受けられるクリニックの失敗しない選び方も紹介します。乳首というデリケートな部分ですので当然ですが失敗したくないと思うのが普通ですね。

失敗しない選び方として3つの注目点を挙げてみましたので、こちらもご覧下さい。
また、乳首の黒ずみでレーザー治療を行うのが本当に良いのか?オススメできるのか?についても言及。
コチラは確実な正解というのもありませんが、初めて黒乳首のケアをする人や既に乳首の美白クリーム等を試してみたけど効果が感じられなかった人で、オススメなのかどうかが異なっていきます。
また、別な視点として”いつまでに乳首をピンク色にしたいのか?”
“費用はどの程度かかるのか?”
についても、クリニックでのレーザー治療の詳細と合わせて紹介していきます。

この記事を読む事によって、あなたに合った乳首の黒ずみケアやクリニックを選ぶ事ができます。クリニックでの治療を望むにしても適切なクリニックでの施術を受けられると得られる効果も変わっていきます。

黒乳首をピンク色にするレーザー治療とは?

レーザー治療については、肌への使用だと主にシミやそばかすへの治療が一般的です。コレ以外にもホクロやアザ、タトゥーにも応用可能です。このレーザー治療で乳首の黒ずみを薄くする事も可能なわけです。
乳首の黒ずみを薄くするのも含めてこれらの治療には、メラニンに反応するレーザー照射が最も有効です。

レーザーの光が他の部位よりも色素が黒い部分に反応します。その黒い部分は照射後、少し時間が経つとかさぶたができます。このかさぶたを1~2週間ほど、ほっておくとかさぶたが剥がれを落ちて黒い部分が消えていきます。

1回の照射では完全に黒い部分が無くならない場合もありますが、その場合には治療の必要の有無を見極め、間隔を空けて数回の照射が必要になります。

レーザー自体には、0ではありませんが、痛みと副作用の心配も少なく比較的安全性の高い治療法になります。

黒乳首をピンクにするレーザーの種類

前の項目では、レーザー治療の概要について簡単に説明していきましたが、ここではレーザー治療に使う『レーザーの種類』について言及していきます。
実はこの“レーザー”ですが、波長によって特性が異なってきます。どういう事かと言いますと、波長によって発揮する効果が異なってくるという事です。
簡単に説明すると、レーザーの波長によって肌に届く深さが異なってきます。
ここでは、乳首の黒ずみを無くするのに使えるレーザーの中で波長の違う3種類をピックアップして紹介していきます。その3種類とは以下の通り。

  • YAGレーザー
  • ピコレーザー
  • CO2レーザー

それぞれ順番に説明していきます。

YAGレーザー

YAGレーザーの波長は『1,064nm』と皮下組織まで届くほど深くなっています。シミやホクロ等のターゲットとなる物にのみ反応しダメージを与える事ができます。
また他の組織を傷つける可能性が低いという特徴があります。他のレーザーに比べ1回辺りの効果が高く、レーザーを照射する回数が少なくて済むというメリットも。

また、現在シミや黒ずみ治療に使われている最新のYAGレーザー機である『QスイッチYAGレーザー』では、2つの波長を持っている為、皮膚の浅い部分にあるシミやそばかす、皮膚の深い部分にある、あざやタトゥーまで幅広い治療が可能になっています。

乳首の黒ずみに関しては、浅い部分の可能性も高いですし深い部分の黒ずみにも対処する事ができるので向いていると言えるでしょう。

ピコレーザー

こちらのピコレーザーは最新型のレーザーの種類です。
パルス幅(レーザー光の出る時間の長さ)で見ていくと、シミ取りレーザーで今まで使われてきた物は、一般的には『ナノ秒レーザー』でした。こちらのピコレーザーは『ナノ秒』よりも短い『ピコ秒』での照射が可能というので”ピコレーザー”という名称になります。

ナノ秒が10億分の1秒であるのに対し、ピコ秒は1兆分の1秒になります。
と言う事は、ピコ秒はナノ秒の1000分の1の短さということになります。
パルス幅が長い物は脱毛等のように太くて強い毛を焼くのに向いているのに対し、パルス幅が短いレーザーはシミやそばかす、タトゥーに向いています。もちろん乳首の黒ずみにもこちらのパルス幅が短いレーザーが向いています。

具体的にパスス幅が短いピコレーザーのメリットとしては、

  • 痛みが少ない
  • 肌に対してのダメージが少ない

以上のメリットがあります。

CO2レーザー

CO2とは二酸化炭素の事ですが、CO2レーザーとは『炭酸ガスレーザー』の事です。
炭酸ガスレーザーは、メラニンに反応させるレーザーとは目的が異なります。
どういう事かと言いますと、炭酸ガスレーザーによって皮膚の表面に無数のドットスポットを作ります。ある意味肌が傷ついた状態を人工的に作り上げて、その際に専用の美肌製剤を浸透させます。
この時に線維芽細胞が活性化されて細胞再生を促し肌にハリやうるおい、くすみ等の解消につながるというわけです。
乳首の黒ずみに関しても肌の再生を促す事によって色を薄くしていき効果が期待できます。
メリットは下記の通り

  • 従来のレーザー治療に比べ処置後、肌の発赤が少ない。
  • ニキビ跡の凹凸に効果的。
  • 肌のくすみや小じわに効果的。

メリットとしては以上になります。
基本的には乳首の黒ずみよりは、美肌とか美容目的に使うのに適しています。

乳首の黒ずみ治療に関しては、YAGレーザーとピコレーザーに比べると効果は弱いですが全体的に薄くしたい、より安全な施術を受けたいという方には向いている手法と言えます。

黒乳首をピンクにするレーザーの特徴

ここでは黒ずんだ乳首をピンク色にするレーザーを使う場合について、レーザーの効果とメリット、副作用等のデメリットについて述べていきます。

効果

効果に関して言うと、黒乳首をピンクにする方法として、美白ケアの化粧品、食品で色々とありますが、かなり効果が高い部類の方法になります。
他にも効果の高い方法として、病院で処方される『ハイドロキノン』と呼ばれる医薬品を塗るという方法もありますが、こちらと併用して治療する場合もあるようです。

効果が高いのですが、後述するデメリットも当然出てきます。メリットやデメリットも総合的に判断してレーザー治療を受けるべきかそうでないかを決めていきましょう。

メリット

ここでは乳首の黒ずみ治療でレーザー治療を選択した場合のメリットについて見ていきます。

  • 短期間での効果が見込める。
  • 他の方法よりも、より強い効果が見込める。

この2つが最大のメリットになりますね。続いて副作用とデメリットについても見ていきましょう。

副作用とデメリット

ここでは乳首の黒ずみ治療にレーザーを使用した場合の副作用とデメリットについて説明していきます。

  • レーザー照射後かさぶたができる。
  • レーザー照射後、かさぶたが取れて赤みも無くなるまでに1ヶ月程度必要
  • 肌に合わない等で火傷リスクの可能性がある。
  • 施術後の肌が敏感になっているのでその間の紫外線にあたるのが厳禁
  • レーザーの出力が強すぎた場合に余計に黒ずむ事も。
  • 費用がかかる。

副作用とデメリットについては、上記の事が気になりますね。

乳首の黒ずみ用レーザーの注意点|回数や通院期間、相場と健康保険について

ここではレーザー治療の注意点について述べていきます。注意点と言っても、副作用等のデメリットについては前述しておりますので、ここでは通院期間や料金の相場、回数、健康保険適用の有無等についてまとめていきます。

通院期間と回数や料金相場については、採用しているレーザーの種類によっても異なっていきます。ここでは前述した3種類のレーザーでそれぞれ説明していきます。

回数と通院期間

YAGレーザー

1回の施術で乳首の黒ずみをおおむね消す事が出来るので通院期間というのは、特にトラブルが発生しない限りありません。

ピコレーザー

こちらも1回のレーザー治療で乳首の黒ずみをおおむね消す事ができます。効果が高い施術と言えるので通院期間も存在しません。

CO2レーザー

CO2レーザーに関しては一度の施術での効果は限定的です。乳首の黒ずみがどの程度かにもよりますが、目安として4~5回のレーザー治療で効果が望めます。

相場の費用

YAGレーザー

https://www.biyougeka.com/contents/skin/freckles/laser/
こちらの聖心美容クリニックですと、料金が範囲毎の計算になっています。
1cm2あたり32,400円~51,840円(税込)となっています。

ピコレーザー

http://www.luce-tokyobiyo.com/treatment_nipplecare/
こちらのルーチェ東京美容クリニックでは、1回の施術で乳首と乳輪両側、148,000円(税込)となっています。

CO2レーザー

CO2レーザーに関しては、前述したように1回のレーザー治療で黒ずみを除去する事ができません。この為、5回程度のレーザー治療の料金で見ていく必要があります。
http://www.s-b-c.net/contents/laser_co2.html
大手の湘南美容外科クリニックだと、
1回24,700円(税込)5回で110,560円(税込)の料金となっています。

レーザーの種類毎にそれぞれ、料金の一例を挙げていきましたが、おおむね相場もこの辺りと考えて良いでしょう。

健康保険適用の有無

健康保険の適用有無についてですが、乳首の黒ずみを除去するレーザーについては『美容皮膚科』で行われる施術になります。
この為”健康保険の適用はされません。

基本的に健康保険が適用される治療というのは、日常の生活について不具合がある事。または厚生労働省がそれに準じる内容であると特別に認めた病気についてのみです。

美容外科や美容皮膚科でおこなわれる美容目的の施術については、”全額自己負担”になります。

乳首の黒ずみにレーザー治療が向いている人/向いていない人

ここでは、乳首の黒ずみを解消する方法として”レーザー治療”が本当に適しているのか?いないのか?について考えていきます。
まず結論から申し上げると、『どなたでも向いている!』という治療方法ではありません。向いていない方もいらっしゃいます。それらを踏まえて具体的にどのような方が向いているのか、向いていないのかについて言及していきます。

レーザー治療が向いている人

ここでは乳首の黒ずみ治療でレーザー治療が特に向いている人について具体的な人物像を挙げていきます。

  • すぐに黒ずみを消したい人</・li>
  • 確実に乳首の黒ずみを消したい人
  • 高額な費用を捻出できる人
  • 多少のリスクを寛容できる人

これらをまとめますと、レーザー治療は他の乳首の黒ずみを薄くする治療に比べまして、費用は高額ですが、即効性や確実性が高いです。ただし前述した副作用リスクというのも多少は存在しますので、その点について総合的に判断できる方が向いていると言えます。

レーザー治療向いていない人

こちらは、黒乳首の治療にレーザー治療が向いていない人について挙げていきます。

  • 光アレルギーや敏感肌な人
  • 費用をなるべくかけたくない人
  • 安全性を重視して黒ずみ治療をしたい人
  • 乳首や乳輪まで日焼けしている人。

まずは、確実な安全性重視という方にはレーザー治療は向いていないと言えます。敏感肌の方は特にレーザーによる光で刺激を受けやすいので注意が必要。
安全性重視の方はコチラの方法が良いでしょう。>>黒乳首をピンクにするクリーム

レーザー治療は費用もかかりますし、なるべくお金をかけたくないという方は黒乳首専用の美白クリームを試してみるのも良いでしょう。

乳首や乳輪まで日焼けしている人は、日焼けしているタイミングではレーザー治療は受けない方が安心です。できるだけ日焼けがある程度戻った状態で受けるようにしましょう。
また、レーザー治療後は皮膚が敏感になり紫外線の影響をモロに受けてしまうので、治療後に日焼けする機会があるような人は避けた方が無難です。

乳首の黒ずみ用レーザー治療の流れ

ここでは、乳首の黒ずみ治療のレーザーを実際に受診される際の治療の流れについて紹介していきます。

①カウンセリング

担当医師によるカウンセリング。不安を取り除く事と、どの程度の黒ずみを除去できるのかについての説明。治療後のアフターケア等についても案内
患者さんの肌質に合った治療方法についても検討。

②照射

テスト照射後、患部にレーザー照射。照射範囲や程度、レーザーの種類により、かかる時間は変動しますが、乳首と乳輪回りであれば5分程で終了します。痛みに応じて麻酔クリームを使う場合もあります。

③レーザー施術後

レーザーの施術後のケアとして消毒や、クリニックによって異なりますが、専用のクリーム等で保護していきます。ガーゼ等で患部を保護するのが一般的。

④アフターケア

帰宅後、ご自身で指定された軟膏やクリーム等を塗ってセルフケアを行います。
メラニン生成抑制の美白成分配合の物を使うのが一般的です。治療内容や、程度にもよりますが、アフターケアとして数週間から数ヶ月、ご自身で行う必要があります。

治療方法によって、再度クリニックに通うかどうかは違っていきます。

黒乳首をピンクにするレーザーはオススメできる?確実にピンクになるのか?

黒乳首をピンクにするレーザーについてオススメできるか?についてですが、結論から申し上げると、オススメ!!と断言する事はできません。

曖昧な回答にはなりますが、前述した通り費用がかかる事や副作用や後遺症の可能性が0では無いからです。

確実にピンクになるかどうか?についてもですが、元の肌質、肌色にも関係していきますので、確実とは言えません。
ただ、黒ずんだ乳首の色を最も効果的にピンク色に近づける方法という事は言えます。

これらを踏まえて『黒乳首をピンクにする方法としてレーザーはオススメか?』というと、
まずは”乳首専用の美白クリーム等を使用してから、それでも効果を感じられなかった場合に、最終手段としてレーザーを使用する!”という流れがオススメです。

前述のように、どうしても短期間で黒ずんだ乳首の色をピンク色にしたい!という方であれば最初からレーザー治療を受けるのも良いでしょう。
ただし費用と、それなりのリスクは伴います。

これらを総合的に判断してレーザー治療を受けるか判断していきましょう。

次の項目では、レーザー治療を受けると決断した方の為に、クリニックの選び方について紹介していきます。

黒乳首をピンクにするレーザーで失敗しないクリニックの選び方

ここでは、乳首の黒ずみのレーザー治療を行うクリニックの選び方を紹介していきます。
選び方として3つの項目に注目してみました。

  • 症例数
  • レーザーの種類
  • 女医さんの有無

この3つの選び方を順番に説明していきます。
これらを頭に入れておくとレーザー治療でのクリニック選びに失敗しなくて済むでしょう。

症例数

まず、レーザー治療の症例数です。こちらは、症例数が多ければ多いほど、患者さんの症状や治療方法、完治までのデータ等がどんどん溜まっていきます。全体の経験値が増す事によって医師の知識や技術レベルも上がっていくという事です。
ですから、なるべく症例数の多いクリニックを選ぶと良いです。

レーザーの種類

前述したように、乳首の黒ずみ治療のレーザーでオススメなのは、YAGレーザー、ピコレーザー、CO2レーザーです。それぞれ特徴がありますが、1回の施術で済ませたいならYAGレーザーかピコレーザー、複数回通える方で肌に優しい手法を望むのであればCO2レーザー採用のクリニックが良いでしょう。

女医さんの有無

特に気にしない方もいらっしゃるかもしれませんが、女医さんの有無というのは、気になる方には重要な事ですね。
どこのクリニックもそうですが、常に女医さんが常駐しているとも限りません。気になる方は、電話時やウェブ予約後に女医さんの有無や出勤状況も問い合わせてみると良いでしょう。

黒乳首をピンクにするレーザー、おすすめクリニック情報

ここでは、実際に乳首の黒ずみをレーザーで治療する際にオススメのクリニックを3つ挙げていきます。どこのクリニックの何がオススメなのか?ポイントを簡潔にまとめて紹介していきます。

オススメ1 聖心美容クリニック

https://www.biyougeka.com/contents/skin/freckles/laser/
こちらの聖心美容クリニックでは、YAGレーザーの中でも『QスイッチYAGレーザー』というレーザー機を使用して黒ずみを除去していきます。
皮膚の浅い部分の黒ずみから深い部分の黒ずみまできちんと届くのが特徴になっているのでより高い効果を望めます。

オススメ2 湘南美容外科クリニック

脱毛等で馴染みの深い湘南美容外科クリニックですが、全国に72院の展開をしており大手美容外科クリニックとして選ばれています。
乳首の黒ずみ治療に使用するのは、CO2レーザー機です。こちらの特徴としては、1回で治療が済むといったものではなくて、数回の通院と照射が必要です。敏感肌の方、ダメージを極力避けたい方や通院に時間をかけられる方にオススメ

オススメ3 ルーチェ東京美容クリニック

こちらは池袋に1院だけある美容クリニックです。最新型のピコレーザー機を使用しての黒ずみ治療になります。パルス幅が狭いのでシミやそばかす、もちろん乳首の黒ずみ治療にも最適です。

以上、乳首の黒ずみ治療でオススメの3つの院について取り上げてみました。次の項目では、この中で最もオススメはどのクリニックなのかと、その理由についても紹介していきます。

乳首の黒ずみレーザー治療で最もオススメは聖心美容クリニック!

乳首の黒ずみ治療でピックアップした3つのクリニックの中で最もオススメの院は『聖心美容クリニック』です。理由はいくつかあるのですが簡潔にまとめていきます。

  • 肌に優しく高価の高いQスイッチYAGレーザーを使用していること
  • 1回のレーザー治療でかなりの効果が期待できること
  • 全国に9院の展開をしており通いやすいこと

以上の事が、他のクリニックと総合的に比較して優位性があります。
→聖心美容クリニックの詳細

まとめ

黒乳首をピンク色にするレーザー治療について説明していきました。こちらのページに書いてある事を簡単にまとめていくと。

⬛黒乳首治療に使うレーザーの種類

  • YAGレーザー
  • ピコレーザー
  • CO2レーザー

1回で強い効果を望むのであればYAGレーザーかピコレーザーを!CO2レーザーはじっくり複数回通院する方向け。

⬛レーザー治療の注意点

当然、副作用の心配もある。費用も高額になりがちで健康保険も適用外。

⬛黒乳首をピンクにするレーザーはオススメできる?

最初に乳首の黒ずみをピンクにする為に導入する方法としては、あまりオススメはしません。まずは乳首専用の美白クリーム等でのケアを優先した方が、費用や身体の負担的にも良いでしょう。
それらを試した方で、効果を感じられない場合や、どうしても短期間で黒ずみを解消したい方はレーザー治療を受けると良いでしょう。

⬛黒乳首をピンクにするクリニックで最もオススメは聖心美容外科クリニック

→https://www.biyougeka.com/contents/skin/freckles/laser/

-乳首の黒ずみ除去関連情報

Copyright© 黒乳首をピンクにする方法|原因からオススメ美白クリームまで! , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.